ガン封じ・厄除けの寺「玉泉寺」〜四季折々の花に囲まれて〜
本文へジャンプ
 
携帯サイトはこちら

QRコードを
読み取り下さい。
お問い合わせ
〒717-0101
 岡山県真庭市鉄山857
   電話:0867-56-2366
    Fax:0867-56-3288
メールはこちら

   ・ブログ癌封じ・がん封じ・ガン封じ
 
〜ガン封じ・厄除けの寺 玉泉寺へお参り下さいました〜
 




 

 当山は中国山地の深山霊谷に在り、平安時代末期寿永三年の開創と言われております。古来より病気平癒の加持祈祷を致しております。また、お参り頂く方々からは霊験灼たかと言われております。

 ご祈祷・ご祈願にご参拝下さい。ご都合で参拝できない場合は、電話・FAX・ご祈願フォームでご祈願のお申込みが出来ます。
・インターネットでのお申し込みは→

 今日のお天気はいかがでしょうか。
・今日のお天気は→

ご供養の案内

  〜花に囲まれたお寺でご先祖様のご供養をされませんか?〜



 当山では、四季折々の花が咲いております。四季折々の花々があなたとご先祖様を、癒してくれます。

・ご先祖様のご供養を希望される方は→

↑このページのトップ

ご祈祷のご案内
   〜ガン封じご祈祷〜
 ガンは元々体内に存在しています。あるきっかけを境に発病するそうです。現在では5人に2人の割合でガンにかかるとも言われています。
 ガンは一般に血筋・体質を引くとも言われ、仏教では血筋を因縁・因果と申します。この悪い因縁・因果(ガン・病気)を断ち切るご祈祷を修しております。

 当寺の仏様よりお力を頂き境内の花々の鑑賞で心を癒していただいて、皆様のお力・勇気づけになればと存じます。
 そして何より病気が治りますようにと、心よりご祈祷させていただきます。

   〜厄除けご祈祷〜
 その年々に必ず、災いがあると言うことではありませんが、厄年の前後には精神的に、肉体的にバランスが崩れたり、無理をしなければならない年齢ですので、3年間前厄・本厄・後厄)には、ご自分や、周囲の方々にも気を付けなければなりません。
 そういった災いがおこらないよう、秘法を修法しております。



   〜その他のご祈祷〜
家内安全・商売繁盛・合格祈願・無病息災・交通安全・家庭円満・良縁成就・安産祈願・厄除開運・身体壮健・当病平癒・等々。





          ご祈願について   ご祈願フォーム

          ・ご祈願の内容は→      ・ご祈願のお申込み→

↑このページのトップ


花の寺
 〜四季折々の花々〜
 当山は中国山地の山間部に位置しており、標高は約460メートルと、季節の到来も、1ヶ月近くは遅くなります。春になるといろいろな花が咲き乱れ、文字通りの百花繚乱となります。当山の花の見頃は4月末頃からになると思います。当寺院では、また、1年中皆さんに花を楽しんで頂こうと思っていろいろの種類の植物を植えております。境内には四季を通じていろいろな花を楽しむことが出来ます。四季折々の花々が次々と顔をお出し咲き始め、皆様をお迎えいたし、また癒してくれます。
 是非参拝方々、花(エビネ・クマガイソウ・シャクナゲ・ボタンなど)を見にお出で下さい。寒暖の差が大きいので何処よりもきれいな花が咲きます、これは当寺院の自慢です。

 〜玉泉寺の代表的な花たち〜
石楠花(シャクナゲ)4月下旬〜
 境内には、100株植えられており、ほとんどが日本シャクナゲです。花の見ごろは4月下旬から5月上旬まで観賞することができます。

大山蓮華(オオヤマレンゲ)5月下旬〜
オオヤマレンゲ 受咲きオオヤマレンゲ 深山オオヤマレンゲ ミチコレンゲ
 当山に咲くオオヤマレンゲは、上の写真左からオオヤマレンゲ・受咲きオヤマレンゲ・深山レンゲ・ミチコレンゲの4種類があります。境内には100本程のオオヤマレンゲがあり、花の見ごろは5月中旬から6月下旬まで観賞することができます。

紫陽花(アジサイ)6月下旬〜

蓮華升麻(レンゲショウマ)7月下旬〜
 
↑このページのトップ 
 
Google
WWW を検索 このサイトを検索
文字サイズを変える
文字サイズ大文字サイズ中
ご先祖様のご供養
・ご先祖さまのご供養

※ご相談を承っております
当山の新着情報
.・開創5周年記念
山陽花の寺写真コンテスト
開催中2/1〜11/31
詳細は→

本の紹介

ガンを治す108の方法
著者:
石黒謙吾/帯津良一
出版社:中経出版
サイズ:文庫
当山が紹介されております。
真庭の観光地案内
真庭の観光地案内
・真庭市周辺の観光地を紹介しています。
暦
・美作八十八ヵ所霊場
当山が番付されている霊場です。
暦
・山陽花の寺二十四
当山が番付されている霊場です。
暦
暦
   Copyright(c) 1999-2016 玉泉寺 All Rights Reserved